院内主要設備のご案内 

安心して治療をお受けいただくための感染予防対策

電解中性機能水システム『ポセイドン』

このシステムによって、ユニットやタービンはもちろんトイレに至るまで、院内全ての治療水の衛生状態を「細菌数検出限界以下」という水質の最高レベルを保つことによって衛生管理を行っています。水質は定期的に分析依頼を行っています。

滅菌システム

治療で使用される歯科器材を全て滅菌するためには、高圧蒸気滅菌器のみでは達成できません。そのため通常の高圧蒸気滅菌器に加えエチレンオキサイドガスによる滅菌器によりディスポーザブルを含め歯科器材を滅菌しています。

酸化電位水生成機器

酸化電位水は水道水に食塩を加え電気分解を行い生成されます。多くの病原微生物を瞬時に不活化除菌しますが、薬品と違って残留性がなく、人体に無害です。 当院では各患者さんの治療前及び治療後のユニット清拭や口腔内洗浄・患者さんの含嗽用として使用しています。


正確な診断が可能で、できるだけ身体への負担が少ない機器

当院では2台のレントゲン機器を使い分けています。

3D-CTパノラマレントゲン

お口全体を写すレントゲン写真を撮影できることはもちろん、矯正診断に必要なセファロ撮影を被曝線量が少ない状態でデジタル撮影を行えます。
根尖にできた病巣や、親知らずの状態を被曝線量を少なくし撮影できるため術前に詳しく確認し治療へと移行します。

CT

主にインプラント治療を行う際に顎骨の状態、上顎洞の状態、下顎神経の走行状態確認等のために使用します。

顎機能検査及び咬合接触点咬合圧検査機器

お口の中の全ての歯の治療が必要な場合や、それに近い状態の際には顎の動きを計測し顎の運動状態を確認する他、かみ合わせのバランスがしっかりとれているのかを科学的に客観的に評価するため使用します。


的確な治療を行うための機器

歯科用マイクロスコープ

各治療用チェアー3台それぞれ配備しています。通常の治療では拡大鏡(2.5倍・3倍・8倍)を使用しますが、それ以上の拡大が必要である際に用います。

インプラント埋入解析ソフト

インプラントの正しい埋入位置を解析するために用います。当院ではノーベルクリニシャン・シムプラント・3shapeの3つのソフトを各症例に応じて使用します。

3shape口腔内スキャナー

歯科ではCAD/CAM化はかなり進んでいます。口腔内をスキャニングすることによって、インプラントの埋入位置やかぶせ物をつくることが以前と比較しより正確に実現できるようになりました。

ホワイトニング関連

オフィスホワイトニングの際に使用するホワイトニング照射器はホワイトニングの効果に反映します。当院では『パピオンⅡ』と『ビヨンド』の2台を症例に応じ変えて使用します。

レーザー機器

炭酸ガスレーザーを、口内炎の治療・歯肉の炎症からインプラント治療を含む外科治療まで幅広く用います。

色調測定器

特に前歯の審美治療には形態機能の他に色調も重要です。当院技工士が実際にお口の中をみて色を確認しますが、色調測定器(クリスタルアイ)を用いて客観的な色調を記録し、かぶせ物の製作に反映します。

外科用超音波機器

水平に埋伏している親知らずの抜歯やインプラント治療の際に、外科用超音波機器(バリオサージ)を使用し、低侵襲性で治療ができます。粘膜の損傷なく、従来の方法に比べると患者さんの負担はかなり減りました。